美容師にかける

美容師にかける

皆さん美容院に行って髪の毛を切ってもらう時、美容師の人にどういう風に注文しますか?雑誌の切り抜きを持って行って、憧れの芸能人やモデルさんの髪型に似せて貰ったりしますか?それともかっこよくしてほしい、可愛くしてほしい、クールに見せたい、などというなりたいイメージを伝えていますか?

 

 

 

もし今度美容院に行く機会があったら、是非試してみて欲しいことがあります。それは、似合うように切ってくださいとだけ伝えて、後は美容師の人の腕に任せるのです。確かにどんな髪型になるのか不安ですよね。長い髪の毛が好きなのに、ショートカットにされてしまったら嫌でし、ガーリーな雰囲気が好きなのにクールでカッコいい雰囲気になってしまうのも嫌ですよね。

 

 

 

しかし、一度だけ冒険してみませんか?髪の毛は失敗しても伸びてきますので、2、3か月もすればなんとなるものです。美容師さんは髪の毛のプロフェッショナルです。貴方に似合う髪型を知っているのです。もちろん美容師さんが似合うと思っている髪型が常に自分の好みの髪型と一致しているとは限りません。

 

 

 

みなさんも経験があるかもしれませんが、美容院に行って髪の毛を切り過ぎてしまった、と思って嫌な気持ちでいたのに、意外と周りからは好評だったりしたことないでしょうか?自分では好きではない髪型でも、第三者から見るとその髪型のほうが良いって思われていたりするものなのです。美容師の腕にかけるということは勇気がいるかもしれませんが、一度試してみてはいかがでしょうか。