昭和時代

昭和時代

ヘアスタイルというと今の私たちは色々なヘアスタイルが頭にイメージすることが出来るかと思います。しかしヘアスタイルの種類が増えてきたのはつい最近のことなのです。戦争中はヘアスタイルをお洒落として楽しむ余裕はありませんでした。帰納的な髪型を強いられていたため、髪の毛を一つにまとめると言った感じでした。

 

 

 

戦後になってようやくヘアスタイルをお洒落として楽しむ余裕がでてきたので、ヘアスタイルのバリエーションが増えました。また外国文化が日本に入ってきたことから、パーマや髪の毛を金髪の外国人に真似るために茶色に染めたりする若い女性も増えてきました。そしてアイドルの登場と共に、アイドルの髪型を真似するようになってきて、髪の毛を染める人が圧倒的に多くなり、若い人ではほとんどが茶髪に染めるという現象さえ起きました。

 

 

 

芸能人やアイドルがしている髪型を真似するのが一般的になってきましたが、徐々に自分だけのオリジナルのヘアスタイルを楽しむ人が増えてきて、自分の存在をヘアスタイルで自分の長所などを印象付けるようになって来ました。また昔はバリカンで髪の毛を切るというのが普通でしたが、髪の毛をはさみで切るという外国の技術が日本に入ってきたため、ヘアスタイルも多様化したと言われています。

 

 

 

昭和の時代も終わり、平成の時代になりました。今の時代でも、アイドルや芸能人のヘアスタイルを真似している人もまだいますが、今は個性の強いヘアスタイルを楽しむ人が増えてきたのではないかなと思います。