美容師さんへの注文

美容師さんへの注文

自分の理想の髪型、オリジナルの髪型にするのは骨がおれるかもしれません。
しかし、頑張って思い通りの髪型にしたときの満足感は大きいと思います。

 

いろいろな髪型の部分から自分がいいと思う部分をとりだして、それを組み合わせてみるのもいいでしょう。
雰囲気という曖昧な言葉で説明するのではなく、具体的にこうしてほしいと美容師さんに言えばカットしやすいでしょう。

 

画像などを持っていって見せてもいいですね。また、美容師さんにその画像が似合いそうか質問をして、問題があるようでしたら美容師さんにアレンジしてもらうのが一番です。
メイクをした状態の髪型を想像しましょう。メイクをとった状態でどんな髪型がにあうのかといくら想像しても、メイクをした状態では全然似合わなくなるということもあります。

 

他にも服装、身長などトータルでにあうかどうかを考えるのがいいでしょう。

 

癖毛の人はどの程度くせがあるのか、部分的なくせなのか全体的なものなのかを美容師さんにいってください。
髪型によってはそのくせで台無しになることもあります。

 

同じ美容室には何度かいかなければ、そこの美容師さんの腕がいいのかわかりませんが、何度いってもあまりいい髪型にしてくれないのなら指名する人を変えるか店を変えましょう。
ボリュームがある髪型や、毛が長い髪型は姿勢などが悪いと印象が本当に悪くなります。

 

せっかく頑張って変えた髪型が台無しですので背筋を伸ばしてください。
美容師さんも自分の髪型のあまりよく思っていない部分を理解してくれる人がいいですね。